1. TOP
  2. もっと知りたい!保湿成分6つご紹介!

もっと知りたい!保湿成分6つご紹介!

美容皮膚
この記事は約 3 分で読めます。 124 Views

本格的な冬になりましたね。

冬は湿度50%以下ともなり、非常に乾燥しやすい季節です。

 

それに伴い、お肌もと〜っても乾燥しますので、保湿が大事です!

以前書いた記事で、保湿成分を少しご紹介しました。

他にも頼れる保湿成分があるので、またご紹介いたしますね。

 

 

ヘパリン類似物質

皮膚科などで処方される保湿剤『ヒルドイド』の主成分となっているこちら。

血液中に存在するヘパリンの水分保有力に着目し、その類似成分を応用して作られたものです。

ムコ多糖類の一種で真皮に存在し、角質細胞間脂質や水分のバランスを整えます。

 

 

天然保湿因子(NMF)

主成分はアミノ酸で、表皮細胞が角化される際に細胞内に作り出されます。

水分とよく馴染むので、保湿化粧水やクリームに配合されることが多いです。

約20種類の成分で構成されています。

 

 

スフィンゴ脂質

角質の細胞間を埋めている細胞間脂質の中の、セラミド以外の成分です。

肌のバリア機能や保水機能を保ちます。

肌の潤いを守り、キメを整える働きを持っています。

 

 

ステアリン酸コレステロール

スフィンゴ脂質同様、細胞間脂質の一つです。

皮膚からの水分蒸散を抑えて潤いを保ち、皮膚を柔らかくする効果があります。

保湿力はセラミドに劣りますが、オイルと組み合わせることで抜群の水分保持力を発揮します。

 

 

水素添加大豆レシチン

水分保持力が非常に高く、肌への浸透性に優れています。

比較的安価で手に入るのが嬉しいですね。

 

プロピレングリコール(PG)

酸化プロピレンによって化学合成された添加物で、揮発しないアルコールの一種です。

特に保湿力が高く防腐効果もあることから、乾燥肌用の化粧品に含まれることが多いです。

 

 

 

 

化粧水などの商品の成分表示は、含有量の多いものから順に書かれているので、商品を購入する際の参考にしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nasupi

大学卒業後大学病院にて勤務。その後思い立ってエアライン受験し国内線客室乗務員となる。美容皮膚科看護師として勤務ののち、現在は美容・ヘルスケアを中心としたライターとして活動中。
趣味はyoutube鑑賞。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 歯のホワイトニング、歯医者とエステでどう違う?

  • 黄ばんだ歯にサヨナラ!白い歯を手に入れるちょっとした習慣とは?

  • ホワイトニングをしなくても白い歯に!お家で使えるお手軽アイテムご紹介!

  • ハリ・コシのある自まつ毛で、目元美人に!

関連記事

  • 美人は毎日摂っている?!もっと知りたい乳酸菌のこと。

  • バスタイム=美容タイム!美しくなりたいならお風呂に浸かろう

  • ネイル禁止でも諦めないで!美しいすっぴんネイルを手に入れましょう

  • 暑いけれど体は冷えているかも?夏でも冷え性対策を

  • 道具いらずでお手軽!美容のツボを刺激して美しい表情に!

  • 夏の準備はOK?ムダ毛処理もお忘れなく!