1. TOP
  2. そのニキビ、潰してはいけません!正しく対処をして美肌を取り戻しましょう!

そのニキビ、潰してはいけません!正しく対処をして美肌を取り戻しましょう!

美容皮膚
この記事は約 3 分で読めます。 130 Views

私のクリニックには、ニキビに悩むお客様がたくさんいらっしゃいます。

私も、季節の変わり目や生理前などに、突発的にできたりします・・・

顔にできると目立つし、痛いしで、早くなんとかしたいですよね。

 

ニキビができてしまったら、早めに適切な対処をしましょう!

また、できにくい生活習慣を身につけることも大事です。

 

 

ニキビはなぜできる?

 

ニキビは、医学的に言えば「尋常性ざ瘡」と言います。

正常な肌は、皮脂腺から皮脂分泌されても毛穴の出口から外に出て行きますが、角質が厚くなり皮脂分泌が増加すると、毛穴に溜まった皮脂が固まり毛穴を塞ぎます。

そうすると、毛穴内部でアクネ菌が増殖し、炎症を起こします。

 

 

ニキビは大きく分けて2つに分けられます。

 

思春期ニキビ

10代で脂性肌の人に特に見られやすく、皮脂分泌の多いTゾーンに多く発生します。

成長期におけるホルモンバランスの変化が原因なので、大人になると落ち着くことが多いようです。

 

大人ニキビ

20〜40代で、フェイスラインやUゾーンによく発生します。

肌タイプに関係なく、ストレスや乱れた食生活、睡眠不足によってホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが分泌され皮脂分泌過剰になり、毛穴が詰まりやすくなります。

 

 

 

ニキビを予防するには

 

洗顔をしすぎると乾燥を招き、角質層を厚くしニキビの原因となるため、洗顔は朝晩の2回にとどめましょう。

ニキビができやすい人は、上手に角質ケアを取り入れてみてください。ピーリング石鹸などは、ドラッグストアでも手に入ります。

しっかりと治療したい方は、皮膚科などで受けられる「ケミカルピーリング」をお勧めします。古い角質を酸の力で溶かし、ターンオーバーを整えることでニキビのできにくい肌になります。

 

 

ニキビは潰さないで!

 

ニキビを見ると、どうしても指で押し潰したくなる衝動に駆られますよね?

 

しかし、ちょっと待ってください!

 

ニキビを潰すと、一時的に膿は排出できますが、周りの組織が挫滅し赤みが広がります。

また破れて空いた穴から雑菌が入り込み、結果的にニキビを悪化させます。

繰り返し炎症を起こしダメージを受けた肌は、炎症が落ち着いた後凹凸のあるクレーターのような肌になってしまいます。こうなってしまうと、治すのはとても難しくなります。

 

 

 

ニキビがひどい場合は、自分でいろいろ対処する前に、皮膚科を受診されることをお勧めいたします。

普段から、規則正しい生活を送り、ストレスを溜めすぎない生活を送ることがニキビ予防には一番大事です!

普段から心がけていきましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nasupi

大学卒業後大学病院にて勤務。その後思い立ってエアライン受験し国内線客室乗務員となる。美容皮膚科看護師として勤務ののち、現在は美容・ヘルスケアを中心としたライターとして活動中。
趣味はyoutube鑑賞。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 歯のホワイトニング、歯医者とエステでどう違う?

  • 黄ばんだ歯にサヨナラ!白い歯を手に入れるちょっとした習慣とは?

  • ホワイトニングをしなくても白い歯に!お家で使えるお手軽アイテムご紹介!

  • ハリ・コシのある自まつ毛で、目元美人に!

関連記事

  • もっと知りたい!保湿成分6つご紹介!

  • STOP老け顔!「たるみ」は早めの予防が大事です!

  • 道具いらずでお手軽!美容のツボを刺激して美しい表情に!

  • 朝の一杯で美肌に!?コーヒーがもたらす美容効果とは

  • お肌のゴールデンタイムとは?睡眠と美容には深い関係がある!

  • 究極のコスパ!おすすめ100均美容アイテムご紹介!