1. TOP
  2. 化粧水をつけるのは、コットンと手のどちらがいいの??

化粧水をつけるのは、コットンと手のどちらがいいの??

美容皮膚
この記事は約 3 分で読めます。 81 Views

美意識が高い女子の集う女子会に参加したら、議題にあがるであろう

「化粧水をつけるのは、コットンがいいの?手がいいの?」論争!

これはどちらも一長一短あり、「こっちがいい」と言い切れない模様です。

それでは、メリット、デメリットを見てみましょう。

 

 

 

隅々まで化粧水が行き渡る「コットン」、実は肌負担が大きい!

コットンを使うメリット

・コットンにたっぷり化粧水を含ませて塗布することで、塗りムラなく成分を顔の隅々へ広げることができる

・そのままコットンパックを行うことができ、美容の動作に無駄がない

コットンを使うデメリット

・繊維の摩擦が肌への刺激となり、シミや色素沈着の原因になる

・使用するものが増えるので手間とお金がかかる

 

コットンを使用する際の注意点

今販売されているコットンには、素材、形、厚さなど様々な種類があります。

100円ショップで売られているものもあれば、オーガニックコットンのような高価なものまでいろいろです。

毎日使用するものなので、手に入れやすく、繊維が毛羽立たず肌刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

使用する際は、コットン全体に染み渡るくらい化粧水をたっぷりと含ませ、こすらないように肌の上をやさしく滑らせましょう。

 

 

肌に優しいのは断然「手」! しかし、塗りムラに注意!

手を使うメリット

・手の体温で化粧水が温まり、なじみが良くなる

・摩擦が少なく、肌に優しい

 

手を使うデメリット

・凹凸がある手なので、塗りムラができる

・細かい部分の塗り忘れのリスクがある

・指の隙間から化粧水がこぼれる

 

手でつける際の注意点

細かい部分を塗り忘れないよう、指を使ってしっかりと塗り広げましょう。

目元はデリケートな部分なので、指の先を使うと刺激が強すぎてしまうため、指の腹を使ってやさしく扱うことが大切です。

成分を浸透させようと強めにパッティングをしてしまうと、肌の刺激となりシミや赤ら顔を誘発してしまいますので注意!

 

どちらを選んでも、気をつけるべきポイントを押さえれば化粧水をきちんと肌へ届けることができます。

自分の肌状態やライフスタイルに合わせて、使い分けていくのも良いですね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nasupi

大学卒業後大学病院にて勤務。その後思い立ってエアライン受験し国内線客室乗務員となる。美容皮膚科看護師として勤務ののち、現在は美容・ヘルスケアを中心としたライターとして活動中。
趣味はyoutube鑑賞。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 歯のホワイトニング、歯医者とエステでどう違う?

  • 黄ばんだ歯にサヨナラ!白い歯を手に入れるちょっとした習慣とは?

  • ホワイトニングをしなくても白い歯に!お家で使えるお手軽アイテムご紹介!

  • ハリ・コシのある自まつ毛で、目元美人に!

関連記事

  • 道具いらずでお手軽!美容のツボを刺激して美しい表情に!

  • 究極のコスパ!おすすめ100均美容アイテムご紹介!

  • 乾燥の季節!そんな時はパック美容を取り入れよう!

  • 基本を押さえよう!正しい化粧水・美容液のつけ方

  • もっと知りたい!保湿成分6つご紹介!

  • 豆乳を飲んで、女性らしい美しさを手に入れませんか?