1. TOP
  2. バスタイム=美容タイム!美しくなりたいならお風呂に浸かろう

バスタイム=美容タイム!美しくなりたいならお風呂に浸かろう

ダイエット 美容皮膚
この記事は約 5 分で読めます。 62 Views

体の汚れを落とすだけではなく、心身ともにほぐしてリラックスできるバスタイム。

1日の疲れをスゥッととってくれるこの時間が私は大好きです。

美容のためには、シャワーだけではなくゆっくりと湯船に浸かるのがおすすめ。

バスタイムも賢く使って美容タイムにしちゃいましょう!

 

 

湯船に浸かるメリット

血液やリンパの流れを促進させる

血液は全身へ栄養や酸素を運んでくれ、リンパ管はいらなくなった老廃物を体の外へと排出してくれます。

この両方の流れが促進されることで、体の調子が整い、お肌も生き生きします。

 

心身リラックスする

温かいお湯にゆっくり浸かることで疲労物質が排出され、首こり、肩こり、むくみが改善し、またお湯の浮力によって関節や筋肉の緊張がほぐれ、疲れが取れやすくなります

さらに、ゆっくりリラックスすることで副交感神経が優位になり、疲労回復が促進され、寝つきも良くなります

 

たっぷり汗をかいてデトックスする

体が温まると、毛穴が開き汗とともに老廃物が流れ、デトックス効果があります

また、体臭の原因となるアンモニアや乳酸も汗とともに流れてくれるので、シャワーだけでなくじっくりとお風呂に入ることは匂いケアにおいても大事ですね!

 

湯船のつかり方

リラックスしたい時は、38〜39度のお湯に20分程度浸かりましょう。

副交感神経が優位になり、体の回復を促進します。

長く浸かると、体力を消耗してしまうので注意が必要です。

反対に、シャキッとしたい時40〜42度程度の熱めのお湯に短時間入ると頭が冴えます。

熱すぎると必要な皮脂まで奪ってしまうのと、体に負担をかけてしまいますので気を付けましょう。

 

 

ダイエット効果を得たいなら、半身浴を

半身浴は代謝アップ、デトックス効果がさらに高まるので、ダイエットされている方は半身浴を取り入れてみましょう。

ぬるめのお湯(40度前後)を、胸より下が浸かるくらいの量バスタブに入れ、20分程度入ります。

この時に肩が冷えないように、肩にタオルをかけるか、時々お湯に体を沈めて温まるようにしましょう。

半身浴はたくさん汗をかきますので、しっかりと水分補給をするよう心がけてください。

ダイエット中であれば、ミネラルを補ってくれる硬水がオススメですよ。

肌が美しくなる「水」の種類や飲み方とは!?

 

侮れない入浴剤のお役目

塩素の除去

水道水を沸かしただけのまっさらのお湯には塩素が含まれ肌の負担になるため、塩素除去してくれるビタミンC配合の入浴剤を入れると良いでしょう。

 

浸透圧の均衡を図る

また、さら湯は人体との浸透圧の差によって肌のミネラルを奪ってしまいます。

浸透圧を人体と等しくするためにも、入浴剤を使用しましょう。

 

香りでリラックス

入浴剤もいろいろな成分や香りの物が売られているので、お気に入りのものを見つけてバスタイムを楽しむのも良いですね。

好みのアロマを入れるとさらにリラックスできますので、私はたまに好きなアロマオイルを使って手作りのバスソルトを作っています。

 

手作りバスソルトの作り方

大さじ1〜2程度の天然塩に、お好みのエッセンシャルオイルを数滴混ぜ、お風呂に入れます。

その時の気分に合わせてオイルの香りを選ぶと、リラックス効果もグンと高まりますよ。

 

 

ボディを洗う時も、「お肌に優しく」を心がけて

ボディソープや石鹸は、使いすぎると乾燥の元となりますので、適量をよく泡立て、泡の吸着力で汚れを落としましょう。

乾燥が気になるようであれば、必ずしも石鹸やボディソープを使用しなくてもOKです。

皮脂腺が多い背中や胸などは毎日石鹸をつけて洗い、その他の腕や足など乾燥が気になる部分は数日に1回程度石鹸で洗えば十分に清潔は保てます。

また、体を洗うときはゴシゴシこすらず、手のひらで洗うのが一番負担なく美肌をつくることができます。

タオルを使うならナイロンなどの硬いものではなく綿など肌に優しい素材を選び、スポンジを使う場合も柔らかい素材を選びましょう。

 

 

お風呂上がりは、ボディにも保湿を

顔と同じように、ボディも入浴後は水分がどんどん蒸発していきますので、適切な保湿を行いましょう。

季節によって肌の状態も変わりますので、その時の肌状態に合わせてボディケア用品を選択し、保湿を行うと効果的です。

ボディミルク、ボディオイル・・・色々あるけど、ボディのスキンケアはどうやるの?

 

 

どんなに忙しくても、美容のためにはシャワー浴だけでなく、ゆっくりとお風呂に浸かる時間を確保したいものです。

せっかく時間を使うならバスタイムを美容時間に充てて、効率よく美をGETしましょう♪

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nasupi

大学卒業後大学病院にて勤務。その後思い立ってエアライン受験し国内線客室乗務員となる。美容皮膚科看護師として勤務ののち、現在は美容・ヘルスケアを中心としたライターとして活動中。
趣味はyoutube鑑賞。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 歯のホワイトニング、歯医者とエステでどう違う?

  • 黄ばんだ歯にサヨナラ!白い歯を手に入れるちょっとした習慣とは?

  • ホワイトニングをしなくても白い歯に!お家で使えるお手軽アイテムご紹介!

  • ハリ・コシのある自まつ毛で、目元美人に!

関連記事

  • 化粧水をつけるのは、コットンと手のどちらがいいの??

  • 目元のクマには3種類ある!?適切なケアで明るい目元に

  • シュワっと爽快!自宅でお手軽に炭酸美容!

  • シワは深く刻まれる前にケアをして!美容医療に頼るのもアリ!

  • もっと知りたい!保湿成分6つご紹介!

  • ココナッツミルクで痩せやすい体に!