1. TOP
  2. 暑いけれど体は冷えているかも?夏でも冷え性対策を

暑いけれど体は冷えているかも?夏でも冷え性対策を

美容皮膚
この記事は約 4 分で読めます。 71 Views

冬に足先が冷えて寝付けなかったり、体がなかなか暖かくならないということで冷え性対策を取られている方は多いと思います。

しかし、夏でも冷え性になってしまうリスクは日常にたくさん潜んでいるのです。

自分では暑いと思っていても、体は冷え切っていて、体調を崩すことも珍しくありません。

夏でも冷え性対策をしっかり行い、暑い夏を元気に乗り切りましょう。

 

 

冷え性とは?

人は、個人差もありますが、足先の温度が30度を下回ると「冷えている」と感じます。

特に女性は男性よりも熱を作り出す筋肉が少なく、皮下脂肪が多いのが身体的特徴にあります。

脂肪は一度冷えるとなかなか温まりづらい性質を持つため、女性に冷え性が多いのはこのためです。

冷えによる慢性的な血行障害が原因となって様々な体の不調が起こり、日常生活に支障をもきたす場合があります。

 

 

冷えが引き起こす問題

・寝つきが悪くなったり、日中に眠くなる

・慢性的な血行障害で、だるさや頭痛を感じる

・消化不良による下痢や便秘が起こる

・イライラしたり不安になったり、精神的に不安定になる

生理不順・不妊症を引き起こす

・免疫の低下で風邪をひきやすくなる

 

 

夏の冷え性

暑〜い夏だって、冷え性になるリスクがたくさん潜んでいます。

 

・冷たい飲み物

夏は暑いからと、つい冷たい飲み物をガブガブ飲んだりしていませんか?

冷たい飲み物の取りすぎは、体の中の内臓から冷やしてしまいます。

暑い時にキンキンに冷えた飲み物を飲みたいところですが、体の冷えを考えると常温の飲み物を摂取するのが望ましいです。

 

・生野菜

また、生野菜のサラダやスムージーなども美味しいのですが、こちらも体を冷やすため取りすぎには注意。

消化にも優しい温野菜を積極的にとるようにしましょう。

 

・エアコン

オフィスや商業施設、レストランなど、異常なほど冷えている時ありますよね。

暑いところから涼しいところに入った瞬間は気持ちいいのですが、しばらくいると体温を奪われ体の芯から冷えていきます。

設定温度を調節できるなら、エコのためにも27〜8度の「暑くない程度」を保つと良いでしょう

また、寒暖差は自律神経が乱れる原因になり、さらに体温調節の難しい体になってしまいます。

この温度の差に対応できるようにカーディガンなどの羽織れるものを持ち歩くのがベターです。

 

・露出の多い服装

夏は露出の多い格好が流行るため、お腹を出したり肩を出したりするファッションを楽しみたいところです。

しかし、露出部が増えるということは、その分保温がされず、冷えの原因ともなります

涼しいところでは体を守れるよう、上着や羽織れるストールなどを持ち歩きましょう。

 

・プールや海での体温低下

夏といえばプールや海で遊ぶのは定番ですね。

外は暖かくても、プールや海の水温は人間の体温より低いため、徐々に体温を奪われていきます。

水に入っていない時はバスタオルなどでしっかりと肌の水分を拭き、大きなタオルなどにくるまって体を温めることが大事です。

十分に温まったら、また水に入るようにしましょう。

 

・湯船に浸かる機会が減る

夏は暑いので、湯船に浸かる気持ちになかなか慣れずシャワーですませる方も多いと思います。

しかし、夏でも体を芯から温めるには、湯船にゆっくり浸かることが望ましいです。

血流が良くなると冷えの改善のほか、ターンオーバーも促され、お肌が日中受けた紫外線のダメージを外に排出してくれたりといいことづくめです。

 

 

冷え改善には、夏でも「温活」を

夏だからと侮ってはいけません。

夏の間の温活は冬に備える体作りでもあります。

上記にご紹介したような体の温め方で、ご自身の体を冷えから守りましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nasupi

大学卒業後大学病院にて勤務。その後思い立ってエアライン受験し国内線客室乗務員となる。美容皮膚科看護師として勤務ののち、現在は美容・ヘルスケアを中心としたライターとして活動中。
趣味はyoutube鑑賞。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 歯のホワイトニング、歯医者とエステでどう違う?

  • 黄ばんだ歯にサヨナラ!白い歯を手に入れるちょっとした習慣とは?

  • ホワイトニングをしなくても白い歯に!お家で使えるお手軽アイテムご紹介!

  • ハリ・コシのある自まつ毛で、目元美人に!

関連記事

  • ただのはちみつじゃありません!驚異の美容効果マヌカハニー

  • 美容には米麹の甘酒を!甘酒でキレイになれるワケとは?

  • もっと知りたい!保湿成分6つご紹介!

  • ポツポツ毛穴が気になる!きちんとケアしてつるんとしたお肌になろう!

  • シワは深く刻まれる前にケアをして!美容医療に頼るのもアリ!

  • 美容オイルで艶やかお肌に♫