1. TOP
  2. 夏の準備はOK?ムダ毛処理もお忘れなく!

夏の準備はOK?ムダ毛処理もお忘れなく!

美容皮膚
この記事は約 4 分で読めます。 81 Views

夏も近づき、ファッションも露出部位が増えてくるこの頃。

私たち含め、脱毛業界が忙しくなってくる季節がやってきました!

 

美容皮膚科ナースとしては、医療脱毛で楽に脱毛していくことをお勧めしたいところですが、予算の問題や、定期的に通わなければならないといった面倒もありますよね。

そこで、お家で行うムダ毛のお手入れについてまとめてみました。

 

 

ムダ毛処理は、体調の良い時に行いましょう

体調がすぐれない時というのは、免疫力が低下していることが多いです。

免疫低下し弱っている肌へのシェービングによって、少しの刺激で傷ができてしまったり、その傷が化膿するリスクが高くなります。

お肌トラブルを未然に防ぐためにも、寝不足や疲れている時、生理前や風邪気味の時はお手入れを控え、体調と肌状態を整えてからムダ毛処理に取り掛かるのが望ましいです

 

ムダ毛処理はくれぐれも慎重に

ムダ毛処理はどんな方法でも多少は肌にダメージを与えます。

毛のことに気をとられ肌のケアを怠ると、毛穴が膿んでしまったりシミや色素沈着ができてしまうこともあります。

体にできたシミや傷跡は顔よりも消えにくいですので、ムダ毛処理はくれぐれも優しく行いましょう。

 

 

ムダ毛のお手入れ道具いろいろ

ムダ毛のお手入れアイテムはドラッグストアなどでもいろいろな種類が売られていますね。

それぞれのメリット・デメリットを比較してみました。

 

・カミソリ

メリット:手で剃るため、剃り方を調整しやすい。

比較的安価で手に入れやすく、T字型やI字型、顔剃り用など種類も豊富にある。

デメリット:皮膚表面も削られるため肌負担が大きい。

乾燥肌の人はかゆくなることがある。

表面に出ている毛を剃っているだけなので、効果は長持ちせず毛がすぐに生えてくるためこまめなお手入れが必要。

 

・電気シェーバー

メリット:肌にすべらせるだけなので簡単にシェービングできる。

細かいうぶ毛もキャッチしやすい。

デメリット:機械のメンテナンスや掃除が必要。

 

・毛抜き

メリット:1本ずつ毛を挟み抜いていくため、抜いた後生えてくるまでの時間が長い。

デメリット:広範囲の処理をするには時間と手間がかかる。

毛穴の中に傷ができ、膿んでしまうこともある。

毛を無理やり引っ張るため痛い。

 

・ワックス・テープ

メリット:広範囲を一気に処理できる。

デメリット:かなり痛く、肌や毛根へのダメージも大きい。

赤く腫れ上がってしまうこともある。

 

・家庭用脱毛器

メリット:エステの光脱毛の家庭用として手軽にできる。

1度なくなった毛は生えてこず、永久脱毛できる。

デメリット:やけどや肌トラブルが起こった際は自己責任。

家庭用なのでパワーが弱く、毛を無くすまでには根気が必要。

機械のコストがかかる。

 

・脱色剤・除毛剤

メリット:脱色剤はムダ毛の色を薄くして目立たなくし、除毛剤は毛を溶かす。どちらも毛根に傷がつかない。

デメリット: 脱色剤も除毛剤も肌に合わずかぶれることがあるため、まずは狭い範囲で試してみることが必要。

 

 

正しいムダ毛処理の手順

ご家庭で一番手軽にできる、カミソリを使用したお手入れ方法をご説明します。

 

1.肌をきれいにする

肌表面が不衛生だと、傷がついた時に雑菌が入って化膿したり肌トラブルの原因になりますので、まずはお手入れの前に体を清潔にしましょう。

 

2.皮膚と毛を温めて柔らかくする

皮膚や毛を温めて柔らかくすることで剃りやすくなります。

入浴中や入浴後に行うのがベスト。

それ以外なら、蒸しタオルを当てて肌を温めましょう。

 

3.クリームや石鹸などで滑りを良くし、滑らせるように剃る

クリームや石鹸などをつけ滑りを良くし、毛流れに沿って優しく剃ります。

カミソリの刃を肌に押し付けすぎると肌荒れの原因になりますので、軽く当てる程度にとどめましょう。

 

4.クーリングし、保湿をする

終わったら、冷たいタオルが、保冷剤をハンカチなどで包んだものを処理後の肌に当て鎮静させます。

その後、ボディクリームなどでしっかり保湿します。

 

 

どんな美人でも、ムダ毛ボーボーだと残念な気持ちになりますよね。

いろいろな脱毛方法がありますが、自分にあった方法でムダ毛とバイバイして、夏を思いっきり楽しみましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nasupi

大学卒業後大学病院にて勤務。その後思い立ってエアライン受験し国内線客室乗務員となる。美容皮膚科看護師として勤務ののち、現在は美容・ヘルスケアを中心としたライターとして活動中。

趣味はyoutube鑑賞。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 歯のホワイトニング、歯医者とエステでどう違う?

  • 黄ばんだ歯にサヨナラ!白い歯を手に入れるちょっとした習慣とは?

  • ホワイトニングをしなくても白い歯に!お家で使えるお手軽アイテムご紹介!

  • ハリ・コシのある自まつ毛で、目元美人に!

関連記事

  • 美容業界大注目のプラセンタ、その効果とは?

  • 肌が美しくなる「水」の種類や飲み方とは!?

  • シワは深く刻まれる前にケアをして!美容医療に頼るのもアリ!

  • バスタイム=美容タイム!美しくなりたいならお風呂に浸かろう

  • 美肌の土台作り!「落とす」スキンケア

  • 美容オイルで艶やかお肌に♫