1. TOP
  2. 目元のクマには3種類ある!?適切なケアで明るい目元に

目元のクマには3種類ある!?適切なケアで明るい目元に

しみ 美容皮膚
この記事は約 4 分で読めます。 70 Views

目元の印象は、その人の印象を大きく左右する大事な部分です。

もしどんよりとクマがあると、いくら明るく振舞ってもなんだか暗いイメージを与えてしまいますよね。

最近クマができているなぁ・・・とお悩みの方は、早急に対処しちゃいましょう!

 

 

クマにも種類がある

クマは大きく分けて3種類あり、それぞれ原因が違います。

間違った対策をとると、良くなるどころかデリケートな目元にダメージを与えかねません。

以下に原因、見分け方、対策をまとめましたので、クマに悩まされている方は、ご自身がどれに当てはまるか見ていただき、それに合わせた対策を行いましょう。

 

 

3つのクマそれぞれの原因・見分け方・対策

 

青グマ

青黒く見えます。

 

青グマの原因

血液のうっ滞(血行不良)が青グマの原因です。

目の疲れや冷えなどで淀んだ血液が、皮膚を通して透けて見えます。

 

青グマの見分け方

10代の頃からあり、睡眠不足によって悪化します。

色白で皮膚が薄く、冷え性の方に見られやすいです。

また、青クマはコンシーラーで隠れることも特徴です。

 

青グマの対策

十分な睡眠と、適度な運動で血流改善を図ります。

冷たいタオルと温かいタオルを交互に目元に乗せていく温冷パックも、目周りの血行改善に有効です。

また、冷たいものやタバコは血流を滞らせる原因となりますので控えましょう

レチノール配合の化粧品などでコラーゲンを増やすと、皮膚の厚みが増え青グマの改善につながります。

根本の原因の対策をしながら、メイク時はクマ部分をコンシーラーでカバーして隠しましょう。

 

 

黒グマ

目の下に黒い影ができている状態です。

 

黒グマの原因

加齢などによって下まぶたの皮膚が薄くなり、目の周りの脂肪を支えられなくなって皮膚がたるむことでできます。

 

黒グマの見分け方

鏡を持ち、顔を天井の方に向けてみて、クマが薄くなるなら黒グマです。

 

黒グマの対策

皮膚のたるみで起こるので、コンシーラーでは隠れません。

青グマと同じく、コラーゲンを強化するケアを。むくむとさらに目立つので、冷たいものや塩分は控えましょう。

 

 

茶グマ

目の下のシミの集合体です。

 

茶グマの原因

小さなシミ、そばかすが集まることによるものです。

下まぶたの角質が厚くなり、これがくすむことでクマのように見えます。

 

茶グマの見分け方

引っ張っても上を向いても薄くならず、寝不足で濃くなることがないなら、茶グマの可能性があります。

 

茶グマの対策

通常のシミ対策をします。

そばかすの基礎知識!原因と対策は?

トラネキサム酸がしみに効果的!美白クリームも良いけどトランサミンカプセル250おすすめ!

 

厚くなった角質にはピーリングも効果的ですが、目元はデリケートな部分ですので過度なお手入れに注意しましょう。

アイメイクの時や目元を洗い流す際、また普段でも目をこする癖がある方は、摩擦による刺激でシミが濃くなるリスクがありますので優しく扱うように心がけてください。

 

 

老け顔や、疲れた印象を与えてしまう「クマ」。

もしできてしまったら慌てず原因を突き止め、適切なケアですっきり解消して明るく元気な印象を取り戻しましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

元客室乗務員で美容看護師の私が実践!美容・ダイエットブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

nasupi

大学卒業後大学病院にて勤務。その後思い立ってエアライン受験し国内線客室乗務員となる。美容皮膚科看護師として勤務ののち、現在は美容・ヘルスケアを中心としたライターとして活動中。
趣味はyoutube鑑賞。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 歯のホワイトニング、歯医者とエステでどう違う?

  • 黄ばんだ歯にサヨナラ!白い歯を手に入れるちょっとした習慣とは?

  • ホワイトニングをしなくても白い歯に!お家で使えるお手軽アイテムご紹介!

  • ハリ・コシのある自まつ毛で、目元美人に!

関連記事

  • ただのはちみつじゃありません!驚異の美容効果マヌカハニー

  • 最後に洗ったのはいつ?メイク道具のお手入れ方法

  • そのニキビ、潰してはいけません!正しく対処をして美肌を取り戻しましょう!

  • シワは深く刻まれる前にケアをして!美容医療に頼るのもアリ!

  • 基本を押さえよう!正しい化粧水・美容液のつけ方

  • 究極のコスパ!おすすめ100均美容アイテムご紹介!